2021年01月12日

「保護した鳩のひな」

2020年11月に動画でアップした
「我が家に棲みついたハト」の続編です。

11月にヒナ2匹が無事に巣立って行きました。
しばらくしたらまた卵を産み温め始めたようです。
「あんたも好きね〜」って感じで笑っており
ましたが12月に入りだいぶ寒くなってきたので
大丈夫かなぁと心配していましたが鳥は羽毛が
あるので冬でも大丈夫だろうと思ったのです。

クリスマスのちょっと前に卵からヒナが孵ったようで
毎朝巣箱へ交代で来ては餌をヒナに与えていま
したが寒くなり餌が少なくなったのかちょっと
大きなハトの夫婦がやってきて家のハトと餌を
奪い合い激しく喧嘩するようになりました
しばらくはじっと様子を見ていたのですが
目の所や首にキズが出来てついには逃げていって
戻ってこなくなってしまいました。
新しい方のハトを追っ払っても追っ払っても
それでもやってきます。

しばらくして餌をあげないようにしたら来なく
なるかと思いましたがそれでも毎日やってきます
これでは生まれた雛に親鳥が餌をあげられ
なくなるのでは・・・と心配して巣箱を開けて
見るとそこには冷たくなったヒナとぐったりした
ヒナが2匹居ました。
僕はあわてて生きている方のヒナを家の中へ
入れて暖かくしてとりあえず餌をどうやって
あげれば良いのかネットで検索してなんとか
方法が見つかりました。

とりあえず近所にある100円ショップで香水の
入れ替え用のポンプ(注射器)と小鳥の餌
を購入しポンプの針を付けないで小鳥の餌を
つぶして豆乳・キナコを混ぜ合わせて電子レンジ
で暖めてくちばしを開いて与えました
しかし慣れていないのでこぼしてばかりでそれは
それは大変でした。
この注射器では無理だとわかりペットショップに
電話したところジョイフルホンダのペット館に
ヒナ用の給餌器(注射器)があり早速購入しました

この方法でしばらく試してみたら少しずつ
元気になって歩けるようになりました。
おお〜やった!と小さな命を救った喜びが
こみ上げてきました。本当にうれしかった!

部屋の中で快適にお休みできるように小さな
段ボール箱に着なくなったTシャツを何枚か
敷いて家でのおうちを作ってあげたら
おとなしく中ですやすや眠っていました。
年が明けて寒波がやってきて朝はかなり冷え
込むので段ポールの内廻りにウレタン素材の
梱包材で囲ってあげたら結構効果があった
ようで朝でもバタバタしないようになりました

鳩は卵を産んでから飛べる様になるまで約50日
かかるそうです。(ネット調べ)
卵が孵化するまで約20日、孵化してから約30日
で巣立つのが通常で一年中子育てが出来る生き物
のようですので家で保護したのが孵化後10日ほど
なのであと20日は育て無ければなりません

保護した時はひよこよりちょっと大きい感じ
だったのですが徐々に大きくなりウズラぐらい
になりました
一週間経ってもう部屋を少しずつ歩いて様子を
見ている表情が本当に可愛いです。
部屋に鳩が居るなんて普通では考えられないし
とても不思議な感じです。

保護して4日目から動画を撮りましたので第一弾
をアップしました。
巣立ちまであと一週間ほどです。
「保護した鳩のひな」
posted by 上原オサム at 16:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: