2021年01月03日

「ミスターロンリー」

「君の瞳に恋してる」はコーラスが多いと思いましたが実際聴いて
みるとそんなに多くなかったですね〜(笑)

コーラスが良いグループでビーチボーイズやフォーシーズンズ、
フォーフレッシュメンなどと書きましたが大事なグループを
忘れていました。

その名は「レターメン」です。

3人でよくぞここまでハモるのかと心から関心をしていました
日本公演も2回ほど見ましたが本当に最高でした。
ロックミュージシャンで全く興味のなさそうな方も見に来ていて
やはり評価は高かったようです。

1970年当時に大枚をはたいて買った日産のフェアレディ240ZGの
新車にあった8トラックのカーステレオで「レターメン」の
アルバムを聴きながらドライブは最高でした。

8トラックとは知らない方も多いと思いますがカセットの前に
短い期間でしたがカーステレオとしてあった物でオープンリールを
エンドレスにしたような感じで音質はカセットより良かったです。

今回アップする「ミスターロンリー」は当時の雰囲気を出すために
音源を歪ませてみました。
「レターメン」を再現してみましたのでご覧ください
「ミスターロンリー」


posted by 上原オサム at 16:55| Comment(0) | 日記

「君の瞳に恋してる」

僕が最初におぼえた楽器はエレキギターでした。
それがどうしてプロではベースギターになった
のかというのには理由があるのです。
1968年にモータウンフェスというのが有りそこで
演奏していたベーシストが今までのベース奏法と
全く違う演奏をしていた事にビックリし感動した
のでこれからはベースをやろうと思ったのです。

それまではポップスやロックンロール、ロック
等が好きでしたがだんだん黒人音楽が好きになって
きました。

70年代に入りロックとジャズとR&Bが合体した
フュージョンミュージックにはまりベースは
チョッパー(現在のスラップベース)ばっかり
やっていて1976年には僕のバンドが演奏していた
六本木のクラブに当時大流行していたブラザース
ジョンソンのマネージャーが飲みに来ていて
「君のプレーは良い、アメリカに来てみないか?」
とスカウトされましたが当然言葉の問題ややって
行く自信が無くお断りしました。

僕の音楽人生で一番派手なベースを弾いていた
時期です。(若かったんですね〜)

もう一つ好きだったのがコーラスです。
日本人はあまり得意では無かったのでビーチボーイズ
やフォーシーズンズ、フォーフレッシュメンなど
をコピーしているバンドやグループは皆無でした

最近では僕個人でやっているコンピュータで
ドラム・ベース・キーボードのパートを録音し
その音源に僕のギターと歌を追加してやる
一人ライブでコーラス物を多くやっています。

ではフォー・シーズンズのフランキー・ヴァリが
1967年に発表し全世界でヒットしカバーも
ものすごく多かった名曲です。
「君の瞳に恋してる」を演奏してみました
「君の瞳に恋してる」

posted by 上原オサム at 08:36| Comment(0) | 日記